個人事業主向けのカードローンは総量規制の対象外

個人事業主向けの事業者ローンは、総量規制の対象外です。

総量規制は、貸金業法で定められた借入総額制限で2010年6月から施行されています。個人の場合では、借入総額が年収の3分の1を超えると規制に該当するため、消費者金融から借入できなくなります。借入総額の情報は、消費者金融会社が加盟する個人信用情報機関に集められるので、加盟している消費者金融からは1円も借入できません。

また、借入総額などと一緒に過去の返済履歴なども参照されますので、債務整理をしてから5年が経過していない場合なども借入をすることはできません。

参考:債務整理マガジン|無理の無い借金返済の相談で悩みを解決

しかし、事業者ローンの場合は総量規制の対象外になっています。

そのため、個人事業主向けの金融サービスでは、担保の必要ない無担保ローン、所有する不動産を担保にした不動産担保ローンなどを借入総額にかかわりなく利用できます。

消費者金融会社ごとに最低・最大融資額が異なります。最低融資額で1~10万円、最高融資額で250~500万円までが相場になっていて、資金繰りの助けとなります。また、あくまで事業性融資のため、個人の利益や娯楽などを目的に使用すると契約違反になりますので注意しましょう。

消費者金融系と銀行系では総量規制の影響が異なる

2010年に貸金業法が改正されました。その結果、総量規制が導入され、借り入れできる総額が年収の3分の1までに制限されたのです。1社からの借り入れではなく、全ての借り入れの合計が3分の1までです。これは消費者が借り入れのし過ぎで、返済不能や生活が破綻するのを防ぐために導入されました。

しかし、これは消費者金融系の業者からの借り入れの話で、銀行系からの借り入れは対象外になります。なぜかというと消費者金融系の業者は貸金業法を適用しているのに対し、銀行系は銀行法を適用しているので、総量規制の対象にならないのです。そのため、既に借り入れ残高が年収の3分の1近くあっても、消費者金融系からは借り入れができませんが、銀行系のローンは審査が通れば借り入れすることができます。

先ほども書いたように、総量規制は消費者の生活破綻などを防ぐために導入されたものなので、借り入れ可能だからといってあちこちの銀行から借りるのは控えた方が良いでしょう。きちんと返済できる分のみに留めておくことが大切です。

住宅ローンや自動車ローンを組んでいたらカードローンは借りられない?

ローンとは、金融機関と契約してお金を借り入れることで、高額な商品の購入時などに利用されることが一般的です。

様々な種類があり、代表的なものに住宅ローンや自動車ローンが挙げられます。銀行にローンを申し込み、審査が通れば住宅や自動車を購入する費用としてお金を借り、購入することができるようになります。これらは一般的には借りたお金を自由に使うことはできず、そのまま自動車メーカーなどに支払うことになります。

このようなローンとは別に、お金を借りる方法に、カードローンというものがあります。こちらは、審査が通ると専用のカードが発行され、お金を借りたい時に自由にカードを使用してお金をかりることができます。

現在は総量規制と呼ばれる、借り入れることができる金額に規制が掛かっています。既に住宅ローンなどで多くのお金を借りている人は、総量規制によってカードローンを組めないと考えることがあり得ますが、住宅や自動車ローンは総量規制に無関係のローンであることが一般的で、カードローンを利用することはできるようになっています。

Comments are closed.